作品紹介

でんしゃクジラ

2人用 / プレイ時間 20分 / 対象年齢 6歳以上

でんしゃクジラ
2-4人/6歳以上/15分
ゲームデザイン、イラスト:山田空太
制作:イマジンゲームズ

こんなカードゲームが欲しかった!
麻雀をずっと親しみやすくしたようなカードゲームです。

ゲームマーケット大賞2017 エキスパート賞を受賞した『エンデの建国者』や、『枯山水』のゲームデザイナー山田空太によるカードゲームです。『でんしゃクジラ』は、家族や友人と、初心者からマニアまで、誰と遊んでも面白いゲームです。家族の団欒、休み時間や旅行などなど、どんな場面にもハマります。きっと、鞄の中に入れて持ち歩きたくなるでしょう。

●ゲーム概要
ゲームの目的は、手札の9枚のカードをすべてをセットにすること。このゲームでは、普通の麻雀やラミーゲームとは異なり、数字が登場しません。カードを繋げることで、電車や動物の絵を作ります。ヤギ、サイ、ワニは2枚、クジラは3枚で1つのセットになります。ただし、電車と新幹線は、1セットの枚数が決まっていません。車両をつなげて、どんどん長くすることができます(←ここがポイント)。
全て同じ色だったり、長い電車を作ったりすると、”役”の加点があります。大きな役を狙ってじっと待つのか、それとも早あがりを目指すのか。あなたの腕の見せ所です。

●内容物
動物&電車カード:68枚
得点表示カード:1枚
木製クジラ駒:4つ

●『でんしゃクジラ』の開発ストーリー
『でんしゃクジラ』は、”家族で末長く遊べるカードゲーム”を目指して作り始めました。ラミー系のゲーム(同ランクの数字を集める、もしくは連続した数字のカードを集めるゲーム)を思い描いていました。

ドイツのカードゲームは、終了時に得点を計算したり、また誰か一人が上がった時に失点を計算するというゲームが少なくありません。しかし、『でんしゃクジラ』では上がったプレイヤーが勝つという明快さと直感を大事にしようと思いました。

ラミーゲームの中で、上がれば勝つというゲームと言えば、やはり麻雀が思い出されます。麻雀はやることは簡単なのに初見ではルールが難しい。小学生が気軽に遊ぶには、ちょっとハードルが高いです。麻雀をベースにするが、数字を使わないのはどうだろう、数字の代わりに絵を繋げるにしたらどうだろうかと思いました。

絵を繋げることでセットが完成するというのは、非常にわかりやすく直感的です。しかし、ゲームシステムで見ると、ラミーからラン(連続する数字のセット)を撤廃しただけに他なりません。待ちも展開も非常に狭くなります。単純になりますが、ゲーム性は極端に失われるのです。

(続)

« 作品一覧に戻る 購入する »